診療時間

外反母趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くたびに痛みが走る
  • 変形した足の指の見た目が気になる
  • 足の親指とひとさし指が当り、タコができている
  • 足の形に合う靴が見つからない
  • 市販の外反母趾グッズ、専用の靴を履いても改善しない
  • 手術を受けたが痛みが再発している
  • 足裏が硬くなっている
  • 外反母趾か強剛母趾なのか、自分の足の状態が分からない

外反母趾とは?|TSUNAGI鍼灸整骨院

女性に多い外反母趾は、特徴的な症状として足の母指(親指・母趾)の先が、隣の人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節内側で突き出したところに痛みが生じます。

突出部が日常的に靴に当たることで炎症を引き起こし、症状が進むと靴を履いていないときでも痛むようになり、手術を勧められることもあります。

この症状は、靴の歴史が長い欧米人に多い病気でしたが、近頃は日本でも同様に増えており、大半は女性が占めています。

主な原因|TSUNAGI鍼灸整骨院

外反母趾が起きる最も多い原因として、日常的に靴を履き、特に幅の狭いつま先が細くなった靴(ハイヒールなど)を履くと、母指のつけ根から先が靴に圧迫されて変形してしまいます。中でも、ヒールの高い靴はつけ根にかかる力がそれだけ増え、さらなる変形を促します。

10歳代などの若年で起こるものは、母指が人差し指より長かったり、生まれつき扁平足ぎみなどの原因で外反母趾になりやすい特徴があります。

年齢的に最多を占める、中年期のものは、履物に加え肥満、筋力低下等によっても引き起こされます。いわゆる健常な足には、縦のアーチのみならず横のアーチも存在します。

外反母趾では、縦横のアーチが崩れ、扁平足に変わると中ほどにある母指の中足骨が、段々扇状に内側に開いていき、それに伴って先の指は外側に圧迫されるのです。

当院だから可能な外反母趾の改善方法とは?|TSUNAGI鍼灸整骨院

外反母趾の診断基準

まず、見た目に変形は明らかで痛みの程度によります。例えば、母指の飛び出しを指で押すと痛む場合、靴を履いたときから痛む場合や、靴を脱いでも痛むなどに分類します。

そこで、靴を脱いでも常時痛むようなら、手術が必要となります。

当院お勧めの予防法とは

足の母指のつけ根は、元々フィットして先はゆったりとした余裕のある履物を選びましょう。一日の終わりに、足の指のすべてを開くようなグー、チョキ、パーといった運動や、外反母趾体操を毎日行いましょう。昔ながらの竹踏みも実は有効です。

当院での改善方法

当院では、ハイボルトによる痛みの排除、それに足底筋の機能改善、さらには拇趾外転筋の機能改善、テーピングなどで改善を図ります。

これまでも実績を多数挙げている当院での施術で、外反母趾を最後まで治しましょう!

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km