肘の痛み | 栃木市TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

根本改善

  • 根本改善

肘の痛み

  • 患者様の輪

小山市白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院への推薦のお声

推薦のお声をいただいています

元プロサッカー選手(ガンバ大阪、ベガルタ仙台、松本山雅FC在籍)、現TSA代表 武井 択也 様

推薦者の写真

「人と人、心と心を繋ぐ、そんな心から安心できる接骨院です」
TSUNAGI鍼灸接骨院さんはあたたかいスタッフの皆様が個人個人に合った施術をしてくれます。10年間プロサッカー選手として身体を資本として活動しましたが、今でも腰痛や頭痛などの痛みが出たときにはとても頼りにしています。身体に向き合い続けてきましたが、自分ではできないケアをTSUNAGI鍼灸接骨院さんでお願いしています。これからも栃木を共に盛り上げ、共に発展を目指しているTSUNAGI鍼灸接骨院さんを応援しています!

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ボトルの蓋やキャップを開ける際に痛みが出る
  • デスクワークの際キーボードを打つ際に痛みが出る
  • 重いものを握る際、持ち上げる際に痛みが出る
  • 手を引っ張った後、子供が腕を下げたまま痛みを訴えるようになった。
  • 肘が伸びない。肘が十分に曲げられない。
  • 雑巾を絞る時などひねる動きで痛みが出る

このような肘の痛みの症状でお困りの方は居ませんか??小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院では上記症状の方もおおくいらっしゃっております。

痛みで悩む時間を短くするためにも小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院へご相談ください!

代表的な疾患|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

  1. 上腕骨外上顆炎(テニス肘)
  2. 上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)
  3. 肘内障

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)では手首を上げたり、指を伸ばしたりした際に肘の外側に鋭い痛みが出てきます。
日常生活動作の中では、ものを持ち上げたり、タオル、雑巾を絞る動作、フタを開ける、キーボードを打つ、などの動きの際に痛みが感じられることがあります。

多くは動かしたときの痛みであり、初期にはじっとしているときに痛みを感じることは少ないですが、ひどい症状になるとじっとしている際にも痛みを感じるようになります。

テニスのバックハンド動作で痛むことからテニス肘という別名で呼ばれることがあります。

テニスをしてなくても実際には仕事での動作、普段の家事の動作などが原因となる場合のことが多いです。

肘の外側の硬い骨の部分を「外側上顆」と呼びます。この外側上顆に付着している筋肉の付け根、“腱”という場所が肘の外側で炎症をおこして痛みが起こります。
くり返し手首を伸ばしたり、指をのばしたりする動作を繰り返すことで炎症が起こります。

 上腕骨内側上顆炎 (ゴルフ肘)

上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)は手首を掌屈(手のひらの方に曲げる)したり、物を持った状態で肘を曲げると鋭く痛みが出ることがあります。
日常生活動作でも同様に、物を持ったりすることで痛みが出ます。
動かしたときに痛みを訴えることがほとんどですが、酷くなるとじっとしていても痛みが出ることがあります。

ゴルフのスイング動作で痛みが出ることから、ゴルフ肘と呼ばれることもあります。

テニス肘同様、スポーツより日常生活の動作の中で痛みが起きていることが多いです

肘の内側を触ると出っ張っている硬い部分が「内側上顆」になります
内側上顆にくっついている、手首を曲げる筋肉の始まりの部分、“腱”が肘で炎症をおこしている状態です。

特定の動作で使いすぎることによって悪化し、症状がでます。

肘内障

子供の手を強く引いたあと、手をだらんとさせて動かなくなることがあります。

肘内障は、肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)が亜脱臼することで起きます。
平均的には5歳以下でみられます。

受傷時の状況や、肘を少し曲げたままにして、痛がって動かそうとしない場合、肘内障が考えられます

施術は徒手整復を行います。

徒手整復をした後は、動かせるかチェックしそのままお帰りいただくことがほとんどです。

同じようにまた子供の手を引っ張ると亜脱臼することがあるため、手を引く際注意していただきます。

肘の痛みを放置するとどうなる??小山市TSUNAGI鍼灸接骨院の考え

放置しておくことで、痛みを感じるセンサーである侵害受容器が敏感になることがあります。つまり慢性化しやすいということです。痛みが出るということは基本的には原因がありなるべくしてなっていることがほとんどです。

そのため、放っておいて痛みが良くなることは稀なばかりか、痛みが慢性化することがほとんどです。

痛みの原因を追求し、今後どのようなことに気をつけどのように使っていくかを含めて小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院へご相談いただければと思います

肘の痛みでお困りの方への対処法・小山市TSUNAGI鍼灸接骨院の考え

上記のような症状が見られる場合、一度小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院へご相談いただけるのが理想的です。

しかし、なかなか仕事が忙しく自己流での対処のみの方もいらっしゃるかと思います。

よくやりがちなのが、炎症が起きている周辺を自分で触りマッサージするなどがありますが、強さや触る場所によっては痛みが強くなることも多々あります。

スポーツで痛めた際には最初のうちは痛みの箇所にアイシングなどを行い冷やすことをおすすめしております。

痛みがある場所は直接触らずに、お時間を見つけて一度小山市のTSUNAGI鍼灸接骨院へご相談ください

小山市のTSUNAGI鍼灸接骨院での肘の症状への治療法

当院ではまず姿勢の写真を撮影します。

次に肘の痛みの原因の検査を行います。ここでは局所的な肘の検査と姿勢の検査(なぜ肘に痛みが起きやすくなっているか)の検査の2つを行います。

検査の結果、肘の治療をどこに行っていくのか、姿勢の治療をどこに行っていくのかを細かくお伝えして治療に入ります。

局所的にはハイボルテージという電気を使った治療を行い炎症を抑える治療を行います、全体的な姿勢に対してはトムソンテーブルというベットを使用して骨格の矯正を行っていきます。

施術を行ったのちに動きのチェック(痛みのあった動き)を行い、姿勢のチェックも行います。

一度の治療ですべてが良くなるわけではありません。今現状を取り巻いている習慣を変えることで症状は変わります。ですが、一回一回の効果は感じていただけるかと思います。

肘の痛みでなかなか良くならない方は一人で悩まずに、小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院へご相談ください!

Q&A

Q肘の痛みが長く続いてしまっている状態ですがどのくらいでよくなりますか?

A3~5ヶ月ほどお時間を頂いております

炎症を取ること、肘や手の硬さを取ることはもちろんですが、日々の使い方、周りの筋肉の強さ、肩甲骨や姿勢の悪さに対してアプローチしていくことが肘の治療では必要になります。

筋肉を緩めるだけ、炎症を取るだけでは、同じストレスが同じ場所に掛かり続け、またすぐに痛みが再燃してしまうことがほとんどです。

痛みを引き起こした、習慣(使い方、姿勢、筋力、栄養、睡眠)を変えていくためのお時間として3〜5ヶ月頂いております。

Q初回はどのくらい費用がかかりますか??

A当院では基本的に初回の方は5250円で診させていただいております

写真の撮影、局所の検査、姿勢の検査、局所と姿勢への施術などを初回で行い1時間30分ほどお時間を頂いております。しっかりと根本的に治療を行うため自費診療で診させていただいております。

Qクレジットカードでのお支払いはできますか?

可能です。その他AUpayやpaypayでのお支払いも可能となります

【監修者】
総院長 齋藤 一磨

患者さんから頂く帰り際の”ありがとう”や”笑顔”を見ることが私たちの栄養となっており、痛みの先にある未来の実現にむけて全力でサポートさせていただきます。

星野 浩紀

執筆者:柔道整復師
TSUNAGI鍼灸接骨院 院長 星野 浩紀

接骨院に通われる方の多くは何かしらの痛みを抱えていると思います。
そして、当然ながらできるだけ早急に痛みをとってほしいと思っているはずです。
痛みがあると楽しいことも全力で楽しめませんよね?
患者さんの痛みをできるだけ速やかに取ることは私達の使命でもあります。
ですが、痛みの除去だけでなくなぜ痛みが出てしまったかという原因を追求し、それを改善することにこそ、治療院の価値があると私は思っています。

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km

HOME

当院について

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

交通事故メニュー

  • 交通事故施術
  • スタッフブログ
  • STAR アカデミー
  • 損害保険
  • 接骨院ネット
  • 白鷗大前接骨院サイトはこちら
  • Instagramはこちら