腰椎分離症 - TSUNAGI鍼灸整骨院

診療時間

腰椎分離症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰を反らせると痛みが出る
  • 2週間以上の腰痛がある
  • 運動時痛の瞬間的な痛みがある
  • 鋭いピンポイントの腰痛
  • 片側に偏る腰痛

上記の症状がある場合は腰椎分離症の可能性があります。

このような症状の方は小山市・栃木市にあるTotal health care TSUNAGIグループへご相談ください!

腰椎分離症とは?|TSUNAGI鍼灸整骨院

腰椎分離症とは脊椎の一部である腰椎(脊柱の下から5つの椎骨で構成される部分)の中でも一番下にある第5腰椎に好発する、椎弓(ついきゅう)と呼ばれる腰椎の後方部分が分離した状態のことをいいます。

椎弓の斜め後方部分は細く外力に弱いため、背中を反らす動作や捻る動作を繰り返すことで腰椎の後方に亀裂が生じ、疲労骨折が起こります。

成長期の骨はまだ発達段階のため骨の構造が弱いため、スポーツを行っている小学生〜高校生に発症することが多く特定方向へ運動を繰り返すスポーツ(野球・サッカー・バレーなど)で発症しやすいとされています。

腰椎分離症が起こる原因|TSUNAGI鍼灸整骨院

多くは発達段階の骨のため身体が柔らかい小・中学生の頃ジャンプや腰を捻る、腰を反る事が繰り返されることで腰椎の後方部分(椎弓)に亀裂が入って起こります。

「ケガ」のように1回で起こるわけではなくスポーツの練習などで繰り返し腰を反ったり捻ることで腰椎分離症が引き起こります。

また日常生活での不良姿勢(猫背・反り腰・骨盤後傾位)が身体の硬さや筋肉の過緊張を引き起こし可動域制限が出現することでスポーツをしていて腰の痛みが強くなったり、腰椎に過度な負荷がかかりやすい状態で日常生活をしていると何もしていないのに腰椎分離症になる事もあります。

腰椎分離症を放置していると|TSUNAGI鍼灸整骨院

長期間放置し続けると骨折部分がくっつかなくなってしまう偽関節(ぎかんせつ)という状態になってしまいます。この状態になると骨折部分がグラグラと不安定な状態になり、不安定な状態が続くとその部分で炎症がおこり、その炎症が神経に波及する場合もあります。

さらに機械的に神経を刺激することで大腿部や下腿に痛みやシビレが生じることもあります。

また、腰痛とあまり気にせずに腰椎分離症を放置しているとそれが原因で「腰椎すべり症」に進行するリスクに繋がります。

当院での治療方法とは?|TSUNAGI鍼灸整骨院

Total health care TSUNAGIグループではまず、痛みの原因となる筋に対してアプローチをします。ハイボルト治療で除痛をしていき、ストレッチや深層筋(インナーマッスル)強化などで動いても痛みが出ないように身体を作っていきます。

その後は運動を徐々に再開しながら身体のどこの動きが悪いのかなどを診ていきパフォーマンスアップを行うことと、骨格矯正にて日常生活で筋肉が硬くなりにくいようにアプローチをしていきます。

Total health care TSUNAGIグループでは現在のお身体のお悩みは日頃の生活習慣と食事から来るものという考えのもと、根本的に治すことを理念としております。

痛みや症状の改善はもちろんのこと、対処療法だけでなく生涯に渡る健康をサポートするために骨格矯正、深層筋(インナーマッスル)強化、生活習慣改善、食生活改善などに目をむけ生活の質を高める為の治療を提案させていただきます。

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km
招待状