梨状筋症候群 - TSUNAGI鍼灸整骨院

診療時間

梨状筋症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • トイレや車の座席に座った時に臀部や太ももの痛み、痺れがある
  • サドルの低い自転車に乗った際に痛み、痺れがある
  • 走っている時の臀部や太ももの痛み
  • 臀部から太ももの裏、ふくらはぎ、足先に痛み、痺れがある
  • 座っていると症状が悪化することが多い
  • 長時間の運転や座りっぱなしが辛い
  • 腰を前に倒すと足の痺れが強くなる
  • ゴルフや野球をする際の臀部の痛み、股関節の痛みがある
  • 中腰姿勢で草むしりをする際に臀部の痛みがある

上記の項目で当てはまるものがある方は梨状筋症候群の可能性があります!

放置すると痛みが悪化し、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。違和感など少しでも気になることがありましたらTotal health care TSUNAGI グループへご相談ください!

梨状筋症候群とは?|TSUNAGI鍼灸整骨院

梨状筋症候群とは、骨盤出口部で臀部の奥深くに位置する梨状筋がその下を通る坐骨神経を圧迫して臀部の痛みや時に坐骨神経痛を引き起こす疾患です。

梨状筋は脊椎の下部にある大きな三角形の骨である仙骨の内側から大腿骨の大転子先端内側面に付着しています。日常生活でのトイレに座ったり、長時間自転車に乗っていたりと様々な行為で坐骨神経が圧迫され、症状が誘発されます。

梨状筋症候群が起こる原因・症状は?|TSUNAGI鍼灸整骨院

梨状筋は複雑な股関節の動きである回旋運動(内外旋)に関与している筋肉です。主な原因としてはゴルフや野球などの身体を捻るスポーツ、長時間のデスクワークや運転、過度な運動による使いすぎ(オーバーユース)、中腰姿勢での草むしりなどで筋肉に過負荷がかかり柔軟性がなくなることによって坐骨神経が圧迫され起こります。

坐骨神経痛が主症状で、慢性の持続的な痛み、チクチク感、痺れが最初に臀部に生じ、ときに太ももからふくらはぎ、足先まで及び坐骨神経痛を引き起こすこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べるとまれな疾患ではありますが、類似した症状がいくつかあるため鑑別が必要になります。

当院の治療方法は?|TSUNAGI鍼灸整骨院

カウンセリング(問診)・ヒアリングにてこれまでの経過、現在の痛みの状態、既往歴などをお伺いしていき、その後徒手検査にて現在のお身体の状態を評価させて頂いた上で治療に進んでいきます。

まず評価をもとに痛みの原因となる筋肉に対してアプローチしていきます。波多野式ハイボルト検査(ハイボルト治療器)で筋肉や神経に電気を当て、現在の症状がどこまでどれくらい変化するかどうか確認させていただきます。

強い電気刺激が苦手な方は遠慮なくご相談ください。違う治療に変更することを考えさせていただくこともありますが、症状が強い場合はハイボルト治療を推奨させていただいております。治療中にその都度お声がけしながら治療を行っていきますので、苦手な方も安心して施術できる環境を提供いたしますのでご安心ください。

経過を観察しながら、筋肉を硬くしている骨盤(骨格)の歪みに対してもアプローチをさせていただいたり筋肉の強化を目的に楽トレを用いたりし、体操やストレッチも交えながら痛みの改善や可動域の改善をさせていただきます。

また、痛みを再発しない・させないことを目的に歪みや痛みの原因となっている日常生活での不良姿勢や癖を見つけていきご自身では気づかない面でのサポートもさせていただきます。

最後に今後の治療計画をご説明し治療ゴールを患者様とともに設定した上で加療を進めさせていただく流れになります。

臀部の痛みや痺れでお悩みの方はTSUNAGIグループへ是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km
招待状