仙腸関節炎 | 栃木市TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

根本改善

  • 根本改善

仙腸関節炎

  • 患者様の輪

小山市白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院への推薦のお声

推薦のお声をいただいています

元プロサッカー選手(ガンバ大阪、ベガルタ仙台、松本山雅FC在籍)、現TSA代表 武井 択也 様

推薦者の写真

「人と人、心と心を繋ぐ、そんな心から安心できる接骨院です」
TSUNAGI鍼灸接骨院さんはあたたかいスタッフの皆様が個人個人に合った施術をしてくれます。10年間プロサッカー選手として身体を資本として活動しましたが、今でも腰痛や頭痛などの痛みが出たときにはとても頼りにしています。身体に向き合い続けてきましたが、自分ではできないケアをTSUNAGI鍼灸接骨院さんでお願いしています。これからも栃木を共に盛り上げ、共に発展を目指しているTSUNAGI鍼灸接骨院さんを応援しています!

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 骨盤が痛い
  • 腰が抜けそうな感覚がある
  • 腰が痛い
  • お尻が痛い
  • 太もも、足の付け根が痛い
  • 病院でレントゲンやMRI撮影を行ってもわからないと言われた

このようなお悩みで悩まれている方は仙腸関節炎の疑いがあります。

仙腸関節炎とは|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

仙腸関節とは、腸骨(骨盤の骨で左右2つある)、仙骨(腰椎と尾骨の間にある三角形の骨)でその2つの接合部分をいい、仙腸関節の主な役割は下半身と上半身の間の衝撃吸収をすることです。

仙腸関節はほんのわずかにしか動きませんが、このわずかな動きによって身体にかかった衝撃の吸収を担う場所です。

この仙腸関節はその周りに強度の高い靭帯が取り囲むことで構造が安定しています。

その靭帯の他に大殿筋(お尻の筋肉)、梨状筋(おしりのインナーマッスル)などの筋肉が仙腸関節をサポートしてくれます。

そこに何らかの原因によって炎症が起こることを仙腸関節炎といいます。

仙腸関節炎の主な原因や発生機序とは|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

仙腸関節炎の原因は様々ありますが、外傷(けが)による損傷、脚長差(足の長さ)の不一致、側弯症(背骨の疾患でS字に背骨が歪むこと)、妊娠・出産、仙腸関節に繰り返し負担のかかる動作、細菌感染があります。

この中でも最も多い原因は、仙腸関節に繰り返し負担のかかる動作と妊娠出産における仙腸関節への負担による炎症が多いことです。

仙腸関節炎を放置するとどのようなリスクがあるか|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

栃木市にあるTSUNAGI接骨院グループでは仙腸関節炎を放置すると慢性的な腰痛に悩まされると考えます。その後は身体の使い方を変えないと腰部脊柱管狭窄症(背骨の神経が通るところが狭くなる)や腰椎ヘルニア(腰のクッションが飛び出して神経に触れること)などのリスクがあります。また、よほどひどい状態が続くと変形性股関節症(股関節が変形すること)のリスクも考えられます。

こうなると手術ということにもなりえます。

栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院グループで行う施術内容とは|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

栃木市にあるTSUNAGI接骨院グループでは様々な治療法がありますが、局所的な治療と原因の治療の2つのパターンを同時に進行していくのがお勧めです。

局所的な治療としてまずは炎症を抑えるために冷やすことも大切ですが、炎症が起きている場合仙腸関節に対してハイボルトという高電圧治療機器にて炎症抑制・神経興奮に作用させて痛みの除去を図ります。

さらに使えていない筋肉にアプローチして痛みの出る動作の改善も見込める治療となっております。

また立体動態波という電気療法にて広範囲の炎症抑制を図ります。

超音波治療は温熱療法として組織の硬さなどにアプローチを行います。

原因の治療としてまずTSUNAGI接骨院グループでは姿勢分析を行い患者様の姿勢や動作を確認して痛みの要因となる部分を見つけていきます。

その後徒手検査にて筋肉・骨格の原因に対して施術を行います。

原因の筋肉に対しての治療として、ハイボルト治療、楽トレ、立体動態波がありハイボルトでは先ほどもあげた使えていない筋肉に対して筋活性化を図り動作の改善を促します。

次に楽トレにて筋肉の量(特にインナーマッスル)を増やす治療をおこない、立体動態波にて筋促通モード(筋肉の滑りをよくするイメージ)で原因筋に対して電気をかけつつ動作を行ってもらい動作改善を行います。

骨格に対してはTSUNAGI接骨院グループではトムソンベットというもので骨盤・脊柱(背骨)を整えて仙腸関節の負荷を取り除きます。

Q&A

Q1 仙腸関節炎の時はコルセットをしてもよいか

A 大丈夫です。痛みが強い場合は特に使用することをオススメしております。

つけ方がわからない場合は一度当グループへご来院下さい。

Q2 仙腸関節炎で足が痺れることはありますか?

A 可能性はあります。

仙腸関節付近の筋肉が硬くなることで神経や血管を圧迫する形で痺れることがあります。

Q3 どのくらいの通院頻度で治りますか?

A 痛みに関しては仙腸関節にかかる負担が取れない限りは続きます。

どのくらいかは状態によりますので早めの受診をオススメします。

【監修者】
総院長 齋藤 一磨

患者さんから頂く帰り際の”ありがとう”や”笑顔”を見ることが私たちの栄養となっており、痛みの先にある未来の実現にむけて全力でサポートさせていただきます。

星野 浩紀

執筆者:柔道整復師
TSUNAGI鍼灸接骨院 院長 星野 浩紀

接骨院に通われる方の多くは何かしらの痛みを抱えていると思います。
そして、当然ながらできるだけ早急に痛みをとってほしいと思っているはずです。
痛みがあると楽しいことも全力で楽しめませんよね?
患者さんの痛みをできるだけ速やかに取ることは私達の使命でもあります。
ですが、痛みの除去だけでなくなぜ痛みが出てしまったかという原因を追求し、それを改善することにこそ、治療院の価値があると私は思っています。

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km

HOME

当院について

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

交通事故メニュー

  • 交通事故施術
  • スタッフブログ
  • STAR アカデミー
  • 損害保険
  • 接骨院ネット
  • 白鷗大前接骨院サイトはこちら
  • Instagramはこちら