診療時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 痛みは強くないが、動作時に痛みがでる
  • ふともも、膝下にしびれや痛みが起きることがある
  • 足の感覚がおかしいと感じたり、力が入りにくい
  • 歩いていると症状が強くなる

脊柱管狭窄症とは?|TSUNAGI鍼灸整骨院

脊椎(背骨)は、頚椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨など26の骨で構成されています。

それらは、体を支えたり動かしたり、さらに脊髄や神経を保護する役割があります。その中でも、脊柱管は細長い管のような空間があり、その中で脊髄を保護しているのです。

その脊柱管が、加齢・労働・変形によって腰椎部の神経組織が圧迫を受ける状態を脊柱管狭窄症といいます。

中高年になって発症することが多く、圧迫が増すと下肢の痛み・しびれ・筋力低下・感覚障などを引き起こします。特徴的なのは、間欠性跛行(歩くと痛み・しびれで歩けなくなること)が挙げられます。

手術をしないと治らないと言われることが多いですが、当院では、さまざまな治療法で対処しており、症状を緩和させることが可能です。

脊柱管狭窄症の原因|TSUNAGI鍼灸整骨院

先天性や変形性腰椎症、腰椎すべり症による後天性脊柱管狭窄症が多いと言われています。後天性の原因は、姿勢が深く関係していることが多くあり、良い姿勢を保つためのインナーマッスルが重要になってきます。これが弱くなってくることにより、身体がゆがんで良い姿勢を保つことが難しくなります。それが要因で脊柱管周囲の組織に負荷が加わり、変形が引き起こされて神経が圧迫されるのです。

加齢も原因ですが、歪んだ身体の状態でのスポーツ・仕事・日常生活をして誤った体の使い方をしてしまうことでこのような病態になってしまうのです。

実は怖い。脊柱管狭窄症をそのままにしておくと?|TSUNAGI鍼灸整骨院

安静時はほとんど症状がなく、体を反らす動きや歩いたりすると、太ももや膝下に痛み・しびれが出ますが、少し休むと症状が軽くなります。

しかし、そのまま放置しておくと、会陰部の感覚異常、尿意切迫、尿失禁、便失禁といった障害が現れることもあります。そうなると手術を余儀なくされます。

そうならない為にも、早期治療や予防が鍵になってきます。

当院での脊柱管狭窄症の治療方法|TSUNAGI鍼灸整骨院

もう変形してしまった腰椎は元に戻しませんが、ストレスを軽減することは可能です。

そこで、当院では筋肉のコリ・ハリを和らげ、ストレッチや体操などで腰部への負荷を軽減させる手技療法を取り入れております。

他にも筋肉に電気を流すことで、除痛や可動域の改善、さらには血行促進効果があるハイボルテージや立体動態波等、歪んだ骨格を整える骨盤矯正を織り交ぜてご提供しております。

さらに、姿勢を支えるインナーマッスル強化、身体を動かすためのアウターマッスル強化ができる最新トレーニング療法等、お悩みに合わせた治療法をご提案させて頂いており、好評を頂いております。

症状改善ははもちろん、根本治療を行うことで、後の生活でも健康でいられ、症状をぶり返さない身体作りをご希望の方、一度相談でも・・・という方も当院までお気軽にお越しください。

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km