腱板断裂 | 栃木市TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

根本改善

  • 根本改善

腱板断裂

  • 患者様の輪

小山市白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院への推薦のお声

推薦のお声をいただいています

元プロサッカー選手(ガンバ大阪、ベガルタ仙台、松本山雅FC在籍)、現TSA代表 武井 択也 様

推薦者の写真

「人と人、心と心を繋ぐ、そんな心から安心できる接骨院です」
TSUNAGI鍼灸接骨院さんはあたたかいスタッフの皆様が個人個人に合った施術をしてくれます。10年間プロサッカー選手として身体を資本として活動しましたが、今でも腰痛や頭痛などの痛みが出たときにはとても頼りにしています。身体に向き合い続けてきましたが、自分ではできないケアをTSUNAGI鍼灸接骨院さんでお願いしています。これからも栃木を共に盛り上げ、共に発展を目指しているTSUNAGI鍼灸接骨院さんを応援しています!

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腕が上がらなくなった
  • 肩をひねる動きをすると痛む
  • 痛い方の肩を下にして寝れない
  • 襖を開ける動きが痛い
  • 夜中肩の痛みで寝れない

上記の症状でお困りの方は腱板断裂をしているかもしれません。

一人で悩まずに栃木市にあるTSUNAGI接骨院合戦場院へご相談ください!

腱板断裂とは??|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

腕の骨(上腕骨)と肩甲骨の骨をつないでいる腱が切れてしまっている状態になります。

腱板断裂と五十肩の違いとして、五十肩では肩の組織が癒着(硬くくっついているような状態)しているため人から動かされても自分で動かそうとしても動かないのが特徴ですが腱板断裂では筋肉の腱が切れているため自分で動かすのは困難ですが比較的人から動かされる分には肩が比較的動くのが違いになります。

また、五十肩は比較的時間の経過によって症状が落ち着くことがほとんどですが、頬っておいてもいつまで立っても治らないのが腱板断裂の特徴でもあります。

自分の症状が当てはまるかどうか詳しく知りたい方は一度TSUNAGI接骨院合戦場院へご相談ください。

腱板断裂の症状|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

腱板断裂は40歳以上の男性(男性62% 女性38%)の右肩に起きやすく、発症の年齢のピークは60歳代になります。

肩を動かしにくくなること、肩を動かすと痛みが出ること、夜中に痛みで目が冷めてしまうことで受診される方が多いです。

はっきりとした怪我の原因がなくとも、断裂することもあります。

TSUNAGI接骨院合戦場院へ来られる肩でお悩みの患者さんの多くは夜間痛、肩に力が入らないなどで悩まれていらっしゃる方が多いです。

腱板断裂が起きてしまう原因|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

大きく分けて2つあります

1つ目は怪我によるもの

2つ目は日々の生活により生じるもの

1つ目の怪我によるものでは重いものを持ち上げたとき、転倒したときに一気に腱板断裂などが起きます。

2つ目は日々の生活により生じるもの

多くの腱板断裂では、長い時間をかけてすり減った結果断裂が起きています。

テニスなど肩の反復動作が多い場合にはストレスが加わりやすく切れやすい状態となりますが、日常生活においては洗濯や物を干す動き、布団の上げ下ろし、孫を抱っこするなども原因となり得ます。

また、骨棘といって骨の棘が肩にできてしまい骨の棘によって鍵盤が断裂させられてしまうことがあります。

骨の棘は上腕骨(腕の骨)と肩甲骨の骨がぶつかることが繰り返しおきるインピンジメント現象があることにより形成されてきます。

不良姿勢でどんな動作をするかによって上記は起きやすくなってしまうため、姿勢の改善を行っていくことがとても大切になってきます。

一人で悩まずにTSUNAGI接骨院合戦場院へご相談ください。

腱板断裂に対してTSUNAGI接骨院で行う治療法|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

腱板断裂では

夜間痛が強い時期

肩の動作時の痛みが残る時期

この2つに分けて治療を行っております。

夜間痛といって夜中に痛みが強い場合は、肩峰下圧、上腕骨内圧といった圧の上昇による痛みのことが多いです。そのため圧を制御している静脈の血流を良くしてあげる必要があると考えます。

TSUNAGI接骨院合戦場院では具体的には血管の通り道に対してハイボルテージという電気を実施し、夜間痛を減らしていく治療です。

肩の動作による痛みが残る時期では、姿勢を見ていきます。

腱板断裂とひとくちにいっても、症候性(症状があるパターン)無症候性(症状のないパターン)と2つに別れます。

同じく切れていても痛みが出る人と痛みが出ない人がいるのは不思議ですよね。

決定的な違いとして、肩甲骨の位置関係、機能にあります。

肩甲骨がうまく使えなくなる理由はズバリ姿勢です。

姿勢の改善を図り、肩甲骨をただしい位置に持っていくことで腱板断裂が起きていても痛みが無く過ごせる方も多くいらっしゃいます。

一人で悩まずにまずはTSUNAGI接骨院合戦場院へご相談ください。

腱板断裂に関するQ&A

Q 治療期間は一般的にどのくらいかかりますか?

A 症状により期間が異なりますが、夜間痛に関しては2週間程度で変化が出てきます。

肩の動かす際の痛み、原因の姿勢や肩甲骨の位置に関しての治療ではは3ヶ月から8ヶ月かかることがあります

Q腱板断裂で夜間に特に痛みが強く寝られませんどのようにしたら良いですか?

A夜寝る際の肩の位置、姿勢も夜中の痛みに関係します。寝る際の姿勢の指導から、夜間に起きる圧の上昇に対する施術は当院で行っておりますのでTSUNAGI接骨院合戦場院へご相談ください!

【監修者】
総院長 齋藤 一磨

患者さんから頂く帰り際の”ありがとう”や”笑顔”を見ることが私たちの栄養となっており、痛みの先にある未来の実現にむけて全力でサポートさせていただきます。

星野 浩紀

執筆者:柔道整復師
TSUNAGI鍼灸接骨院 院長 星野 浩紀

接骨院に通われる方の多くは何かしらの痛みを抱えていると思います。
そして、当然ながらできるだけ早急に痛みをとってほしいと思っているはずです。
痛みがあると楽しいことも全力で楽しめませんよね?
患者さんの痛みをできるだけ速やかに取ることは私達の使命でもあります。
ですが、痛みの除去だけでなくなぜ痛みが出てしまったかという原因を追求し、それを改善することにこそ、治療院の価値があると私は思っています。

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km

HOME

当院について

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

交通事故メニュー

  • 交通事故施術
  • スタッフブログ
  • STAR アカデミー
  • 損害保険
  • 接骨院ネット
  • 白鷗大前接骨院サイトはこちら
  • Instagramはこちら