脛腓靭帯損傷 | 栃木市TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

根本改善

  • 根本改善

脛腓靭帯損傷

  • 患者様の輪

小山市白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院への推薦のお声

推薦のお声をいただいています

元プロサッカー選手(ガンバ大阪、ベガルタ仙台、松本山雅FC在籍)、現TSA代表 武井 択也 様

推薦者の写真

「人と人、心と心を繋ぐ、そんな心から安心できる接骨院です」
TSUNAGI鍼灸接骨院さんはあたたかいスタッフの皆様が個人個人に合った施術をしてくれます。10年間プロサッカー選手として身体を資本として活動しましたが、今でも腰痛や頭痛などの痛みが出たときにはとても頼りにしています。身体に向き合い続けてきましたが、自分ではできないケアをTSUNAGI鍼灸接骨院さんでお願いしています。これからも栃木を共に盛り上げ、共に発展を目指しているTSUNAGI鍼灸接骨院さんを応援しています!

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 捻挫をしたがなかなよくならない
  • 体重を乗せると痛みが強く出る
  • しっかりとみてくれる専門家にお願いしたい
  • しゃがみ動作で足首が痛い

脛腓靭帯損傷とは|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

ジャンプ着地や強く踏み込んだ時、高所から落ちてしまったとき、高強度のスポーツをしているときなどに起こるもので、衝撃で距骨が脛骨と腓骨の間に入り込むケースや足首の捻挫の際に脛骨と腓骨を結ぶ靭帯に損傷を受けたものを際脛腓靭帯損傷と言います。

鑑別疾患として前距腓靭帯損傷、脛骨内果骨折、腓骨外果骨折、距骨骨折などがあり

どれも脛腓靭帯にとても近い部分なので鑑別が重要となります。

脛腓靭帯の症状とは|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

脛腓靭帯損傷の症状として

・足首上部に腫れや痛み

・足首が赤くなっている(発赤)

・足首の内出血(皮下出血)

・歩行時痛

・荷重時痛

上記が起こります。

栃木市のTSUNAGI接骨院グループの考えとして足首の外反捻挫と同様に内反捻挫と比較して厄介なポイントとして、内反捻挫よりも立った時や歩いた場合など、体重を足にのせて運動するときに痛みが大きい場合や、競技に復帰するまで、または痛みがなくなるまでに同程度の内反捻挫よりも時間がかかることが多いということがあります。

脛腓靭帯損傷を放置するとどうなるのか|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

脛腓靭帯損傷を放置すると今後の身体に大きな影響を与える可能性があります。

栃木市のTSUNAGI接骨院グループの考えとして、足首は体重を支える土台となるところなので不安定な状況が続くと膝や股関節に痛みを伴う場合もあり、高齢になれば最悪の場合は変形性膝関節症や変形性膝関節症、変形性足関節症のリスクも考えられます。

また、筋膜的には足裏から頭まで繋がるため慢性的な腰痛にも繋がります。

なので足首の怪我は早急な治療が必要です。

当院の治療方法とは|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

怪我をしたらすぐにRICE処置することをオススメします。

R:REST(安静)

関節や身体を安静に保ち、なるべく悪化させないように動かさないようにする。

この際固定をすることで関節が安定し安静に保つことができます。

I:ICING(冷却)

氷嚢を使用し炎症、腫脹部位にあてて冷やします。腫れている場所の皮膚表面を触り感覚がなくなったら一度氷嚢を外す。(15~20分を目安に)

これをインターバルを一時間ごとに行います。

※保冷剤は必要以上に患部を冷やしすぎてしまうため、できるだけ使用しないことをオススメします。

C:COMPRESSION(圧迫)

必要以上に怪我した場所が出血などでより腫れてしまうと怪我の治りを遅くしてしまいます。そのためあkるく圧迫処置を施して皮下出血を抑えていきます。

E:ELEVATION(挙上)

心臓の位置より低いところにある部位は、血液がたまりやすく腫脹を強く引き起こしてしまいます。心臓の位置より高く患部を上げることで腫脹の軽減を見込めます。

処置後の流れとして問診を行い症状等のお話を詳しく聞かせていただきます。

・いつどこでどのような状況で怪我をしてしまったか

・どこに痛みが出ているのか

・どのような動作をしているときに痛みが出てしまうのか

などを質問させていただきます。

その後、エコー撮影(超音波検査)にてどの部分が損傷しているのか、組織の状況などを診させていただきます。

エコーではレントゲンに映らない筋肉、靭帯、神経、炎症、の状態を画像で確認することができる装置です。

エコーで患部の状況が分かり次第、局所の施術を行います。

靭帯損傷の治りを早めるためにTSUNAGI接骨院グループではLIPUSやハイボルト(高電圧電気療法)、立体動態波、テーピングを使用し組織修復を早めることと、疼痛除去、炎症緩和、腫脹コントロールを行います。

ギプス固定が必要な場合はキャストにて足部の安定性を出すため、シーネ固定を推奨しております。

足首を捻って治りが遅い、足をひねってしまった場合は栃木市にあるTSUNAGI接骨院グループへご相談ください。

Q&A

Q:固定するのはいいがお風呂は入れるのか?

A:足の腫れが引くまではシャワーをお勧めします。また患部の状況によってはその日だけは入浴を禁止する場合もあります。

Q:足首の靭帯損傷はどの程度で治りますか?

A:治療期間、損傷度合にもよりますがスポーツの制限を厳守すれば軽度のもので1〜4週間程度、中等度で8週間、重度のもので12週間で損傷した靭帯は修復されます。

痛みや腫れなどの急性炎症症状は1〜2週間で消失しますが、症状が消失することと、靭帯の修復が行われるのでは大きく違います。

Q:固定はしたくないのですがテーピングでも大丈夫ですか?

A:損傷度合にもよりますが、腫れや炎症が強い場合は固定をおすすめします。

【監修者】
総院長 齋藤 一磨

患者さんから頂く帰り際の”ありがとう”や”笑顔”を見ることが私たちの栄養となっており、痛みの先にある未来の実現にむけて全力でサポートさせていただきます。

星野 浩紀

執筆者:柔道整復師
TSUNAGI鍼灸接骨院 院長 星野 浩紀

接骨院に通われる方の多くは何かしらの痛みを抱えていると思います。
そして、当然ながらできるだけ早急に痛みをとってほしいと思っているはずです。
痛みがあると楽しいことも全力で楽しめませんよね?
患者さんの痛みをできるだけ速やかに取ることは私達の使命でもあります。
ですが、痛みの除去だけでなくなぜ痛みが出てしまったかという原因を追求し、それを改善することにこそ、治療院の価値があると私は思っています。

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km

HOME

当院について

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

交通事故メニュー

  • 交通事故施術
  • スタッフブログ
  • STAR アカデミー
  • 損害保険
  • 接骨院ネット
  • 白鷗大前接骨院サイトはこちら
  • Instagramはこちら