野球肩 | 栃木市TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

根本改善

  • 根本改善

野球肩

  • 患者様の輪

小山市白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院への推薦のお声

推薦のお声をいただいています

元プロサッカー選手(ガンバ大阪、ベガルタ仙台、松本山雅FC在籍)、現TSA代表 武井 択也 様

推薦者の写真

「人と人、心と心を繋ぐ、そんな心から安心できる接骨院です」
TSUNAGI鍼灸接骨院さんはあたたかいスタッフの皆様が個人個人に合った施術をしてくれます。10年間プロサッカー選手として身体を資本として活動しましたが、今でも腰痛や頭痛などの痛みが出たときにはとても頼りにしています。身体に向き合い続けてきましたが、自分ではできないケアをTSUNAGI鍼灸接骨院さんでお願いしています。これからも栃木を共に盛り上げ、共に発展を目指しているTSUNAGI鍼灸接骨院さんを応援しています!

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ボールを投げると肩が痛い
  • 野球の遠投動作で肩が痛む
  • 遠投すると肩が痛い
  • 腕を大きく回すと肩が痛い
  • テニスをすると肩が痛い
  • バレーボールのアタックで肩が痛い

小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院では、このような野球肩でお悩みの方の症状改善を得意としております。

野球肩とは?|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

投球障害肩とも別名で言われ、野球の投げる動作によって発症することが多い障害です。肩の痛みを中心とする肩関節痛の総称で、野球以外でもバレーやテニスやなど腕を大きく使うオーバーヘッドスポーツにも多いと言われています。野球肩と言われていますが野球肩は総称で病態は様々です。肩峰下インピンジメント症候群、インターナルインピンジメント、棘上筋炎、上腕二頭筋長頭腱炎、リトルリーガーズショルダーなど病態は様々です。

野球や投球動作で肩が痛くなった際は、小山市TSUNAGI鍼灸接骨院にご相談ください。

野球肩の原因は?|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

1 姿勢不良→猫背姿勢になると、巻き肩になり肩甲骨の位置異常を招きます。野球の投球動作は腕を大きく振る動作で、姿勢不良と肩甲骨の位置異常は肩関節(肩甲上腕関節)へのストレスを増大させ、野球肩の原因になります。

2 肩周囲筋の軟性の低下→投球動作を繰り返すことで、肩後方や下方の筋肉は硬くなります。肩周りの筋肉の硬さにより上腕骨の位置が変化し肩へのストレスを増大させます。

3 オーバーユース(使いすぎ)→成長期は骨端線が閉鎖していない時期でもあり注意が必要です。試合数や投球数が多くなることで肩へのストレスも増加します。

4 動作不良→野球の投げる動作はワインドアップ期、コッキング期、加速期、リリース期、フォロースルー期に分かれます。各期によって必要な身体機能が異なり、肩だけでなく股関節を中心とした動きの獲得が必須になります。各期に必要な機能が低下すると野球肩の発生に繋がります。

野球肩を放置すると?|栃木市のTSUNAGI鍼灸接骨院合戦場院

野球肩は再発率が高い怪我とも言われています。自然に治ることは少なく、放置することで肩の脱臼や筋肉の断裂など重症化する可能性もあるため早期の施術が必要です。怪我を長引かせないためにも野球肩でお悩みの場合は小山市TSUNAGI鍼灸接骨院にご相談ください。

小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院の野球肩への施術法とは?

1問診

小山市TSUNAGI鍼灸接骨院では、問診・カウンセリングを行い現在のお悩みを聞かせて頂きます。野球肩なってしまった原因や痛みの部位、投球動作のどの時期に痛みが出るかなど、既往歴、生活背景を含め細かくカウンセリングを行います。

2 検査

小山市TSUNAGI鍼灸接骨院では、徒手検査を行い野球肩の症状を誘発し、痛みを引き起こしている組織を探して行きます。また、関節可動域や筋力検査を行い肩に負担をかけてしまっている原因を特定して行きます。

3 姿勢の分析

小山市TSUNAGI鍼灸接骨院では姿勢の写真を撮影し肩に負荷が加わりやすい姿勢なのか確認して行きます。なぜ、肩に負荷が加わっているのかを身体全体の位置関係(姿勢)を見ていくことで原因を見つけていきます。

4 施術

小山市TSUNAGI鍼灸接骨院では局所(肩)に対する施術と、姿勢分析によってわかった原因との2つに対して施術を行います。

局所である肩に対する施術では痛みの軽減と炎症を抑える目的で超音波やハイボルテージ、立体動態波などの物理療法を行います。

また、硬くなった肩の筋肉や関節可動域の制限に対してはコンプレッションストレッチを行って関節可動域の改善を図ります。

姿勢分析によってわかった姿勢に対しての施術では骨盤矯正、インナーマッスルトレーニングを行い不良姿勢に対し施術し、痛みが起きていしまった根本原因に対してアプローチをしていきます。

5 動作指導

投球動作を確認し必要性に応じて動作の指導を行います。投球動作に必要な身体機能を各期に分けて確認して行きます。

6 セルフケア

・ストレッチ

投球動作に必要な肩関節、肩甲骨、股関節のストレッチを行います。

・テーピング療法

肩甲骨や肩関節周囲筋にテーピングを行い、筋肉のサポートを行い負荷を軽減します。

小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院の野球肩のQ &A

Q、野球肩は野球をしていなくてもなりますか?

A、バレーボールなど腕を大きく振るオーバーヘッドスポーツでも発症します。

Q、野球肩で痛い時はアイシングをした方が良いですか?

A、炎症が起きている場合はアイシングをすることで一時的に痛みが軽減する場合があります。血流障害で痛みが出る場合もありますので、一度、小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院院ご相談くささい。

Q、野球を休め野球肩は治りますか?

A、痛みは軽減するかもしれませんが、痛くなってしまった原因が改善しないと再発する可能性があります。

小山市にあるTSUNAGI鍼灸接骨院ではライフスタイルに合わせた通院頻度、施術内容、セルフケアをオーダーメイドで提供しております。

お悩みを抱えたままにせず、小山市TSUNAGI鍼灸接骨院に気軽にご相談ください。

【監修者】
総院長 齋藤 一磨

患者さんから頂く帰り際の”ありがとう”や”笑顔”を見ることが私たちの栄養となっており、痛みの先にある未来の実現にむけて全力でサポートさせていただきます。

安江 大輔

執筆者:柔道整復師
TSUNAGI鍼灸接骨院 安江 大輔

地域の皆様の健康と未来を本気で全力でサポートさせて頂きます。
栃木市・合戦場をイキイキと元気な街にしていきましょう!

お問い合わせ

  • TSUNAGI鍼灸接骨院

診療時間

住所
栃木市都賀町合戦場772-1
アクセス
合戦場駅から190m
野州平川駅から1.1km

HOME

当院について

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

交通事故メニュー

  • 交通事故施術
  • スタッフブログ
  • STAR アカデミー
  • 損害保険
  • 接骨院ネット
  • 白鷗大前接骨院サイトはこちら
  • Instagramはこちら